Log in

痙攣的

1979

from Memo

痙攣、それは裂け目である。
そして、すべての身体は裂かれた身体である。

(痙攣の)エクスペリエンス=経験(試練)とは、
開くこと、そして砕かれること、剥離と断裂の、縁にありつづけること。
最初に亀裂があるのだ。裂け目から始めねばならぬ。

それは不意打ちの星座のようだ。
痙攣は私の内側の、けっしてとどくことの可能わぬ、星の到来である。
それは突発する、無意味の炸裂だ。

身体はくりかえしくりかえし触れようとするだろう。
遠い、またたくまの、はかない、刹那滅である身体の、ソレに、
痙攣的に触れようとするだろう。

痙攣は逸れる。
それは逸脱である。
それはどこにもない。
捕捉不能で、所有することの不可能な、痛覚の零度、触覚と視覚の零度。
隠されたフォルムであるソレは、
身体の深奥の外部からやって来る、裂傷である。

1979
室伏鴻