Log in

Description

発端は「3カ月の滞在予定。シャンゼリゼのキャバレーで稼ぎながら、自分たちの公演も打てるかもしれない」(以下、「」内は室伏・談)。「キャバレー、公演、キャバレー、公演となって糞づまる」ことに疲れていたところに飛び込んできた朗報だった。ところが、諸々あってなかなか契約に至らず、

「有名なクレイジーホースの演出家ベルナルダンに見せたほうがいいよ!と勧められて、わざわざ行って見せたら、面白いと言ってくれた。そして客のいる前で、土曜、日曜と2回踊ったんですよ。けっこう受けたと思うんだけど」またも降板。「クリスマスに仕事がなくなってパリの街に放り出された。そしたらチャップリンが死んだって号外が出た」。こうなれば自主公演しかない。「正月の3、4日にオーディションで見せるということで、パリのど真ん中にあるヌーヴォー・カレ・シルヴィア・モンフォールという新しい劇場で、空いている夜の時間に押し込んでくれた。3週間の稽古期間を貰い、日本でやった出し物も引用したパリ製ですよ。私は木乃伊をおどったし、カルロッタさんは『牝火山』のシーンを再現したりして、組み合わせたの。まあ衝撃的な公演でしたよ。木乃伊がワーッと出る。棺桶の火も再現したし。『ル・モンド』が書き、『リベラシオン』に1ページ、バーッと載って、どんどん客が増えていって、2月になったら6カ月ロングランしてくれと。

室伏・談


だが、東京での公演があるため断わらざるを得なかった。これを機に、山海塾が、大野一雄がヨーロッパをめざすように。こうして、西欧での“Butoh”への注視の、その端緒が切り開かれていった。
(Y.O)

All works

LE DERNIER EDEN―Porte de l'au-dela 最後の楽園─彼方の門─

LE DERNIER EDEN―Porte de l'au-dela 最後の楽園─彼方の門─

1978
最後の楽園─彼方の門1978