Log in

Description

「墓場」のみなさんへ、

お元気でしょうか。ラトヴィアのリガからベルリンへ移動してきました。ボリス・シャルマッツのmusee de la danseのイヴェントで踊って帰国したら、あとは皆とウィーンの準備です。

踊りの、踊る身体の〈根っこ〉には、何があるのか?何かあるのか?何か名づけられ、意味される力でもあるか?

何ーんもないのだ、と知るとき、すべてから切り放たれた、無意味=無根拠の、空虚の、死の<明るみ>に照らしだされて、私たちの無垢なる生成と変形する<力>の持続と瞬間が屹立すると思う。

踊る身体の過敏な神経、〈神経の秤〉(アルトー)という意味では、狂気と接するようにして醒めているそのリミットで、力の不能力とともに・・・、動くことの不可能な硬直する身体とともに動くこと、などなど・・・

ウィーンの「墓場」の振付については、横浜を凝縮させながら変形することを考えますが、皆に会ってからです。
皆に、振付のなかで振りからさらに自由になること、ケモノ性の探求を、

室伏鴻 ベルリンにて 
手紙より一部抜粋

translation
Vinci Ting

All works

Enthusiastic Dance on the Grave|Faux Pas

Enthusiastic Dance on the Grave、Faux Pas

2015
〈外〉の千夜一夜 Vol.1

〈外〉の千夜一夜 Vol.1

2013
ワークショップ|Enthusiastic Dance on the Grave|DEAD1|リサーチクラス(Les Innombrables Nijinski)|Faux Pas

ワークショップ、Enthusiastic Dance on the Grave、DEAD1、リサーチクラス(Les Innombrables Nijinski)、Faux Pas

2014
墓場で踊られる熱狂的なダンス

墓場で踊られる熱狂的なダンス

2013
墓場で踊られる熱狂的なダンス2013