log in

Description

2000年のEdgeにつづくシリーズ第二弾。


肉体とはみなしごである。流されたもの。切断されたものだ。だから人間とはつねにすでに、異郷である。
そのこと、つねに出会いの断面にあり、不均衡に縁どられ、ゆらぎながらギザギザに生きるカタチ、Edge Dancers

室伏鴻

プログラムより

All works

Edge 01

Edge 01

2001
Edge 01

Edge 01

2003
Edge 01

Edge 01

2004
Edge 01 Maebashi

Edge 01 Maebashi

2001
Edge 01–Face

Edge 01–Face

2001
Edge 01|ワークショップ

Edge 01、ワークショップ

2001
Edge 01

Edge 01

2001
Edge 012001