Log in

Info

日時
1988/03/12
活動内容
振付、出演
開催地
Wien
開催国
日本
会場名
調布グリーンホール
主催
(株)日活撮影所
開催事業名
BUTOH TRANS MEDIA III
出演
室伏鴻、加藤俊明、草薙うらら、地域の人々
共催
調布グリーンホール
協力
土方巽記念資料館

Description

……土方巽が身振りの根源に秋田ってものを持ってきたという、それに関してはどうもある種、エキゾチズムで語られてしまう部分がかなりあると思いますが、僕は、エキゾチズムというのは内的衝動を外へ引き出しあう、さらしあう端緒という意味で、広く肯定的に使いたいし、彼のいう、いのちとかたちの“はざま”とか“あわい”というのは根源的なエキゾチズムであって、それは秋田を発しながら秋田や日本人や人間というところをも超えてしまう体験、われわれを“外”へと流出させる体験だと思うわけです。で、そういうふうに僕が(土方巽と)ふうっと出会った時期に、やっぱり同じようなもので、折口信夫だとか柳田國男だとかにも出会った。その中で一番根源的に思ったのは、折口信夫の『ほうとする話』ってのがあるんですよ。その“ほう”は平仮名で書いてあるんです。僕はそれね、一種のエクスターゼというんですか、いわゆる自我がポッと表に出ていってしまって、まあ一種の白痴、阿呆の呆と通じちゃうんですけど、呆けるってふうに解釈してて、僕らは『ほう』という踊りを今、一所懸命やってるところだけれど(笑)。

宇野邦一氏との対談より

Photo

Document

001 Text
002 Letter
003 Text
004 Flyer
005 ticket

Scrap

1988
1988