Log in

江戸川乱歩全集
恐怖奇形人間

1969

Photo: unknown

Info

日時
1969
活動内容
映画出演
開催地
能登
開催国
日本
主催
東映株式会社
出演
土方巽、吉田輝男、小池朝雄、近藤正臣、室伏鴻、他
監督
石井輝男

Description

猟奇映画のカルト作として名高い石井輝男監督の野心作。出演は吉田輝男、小池朝雄、近藤正臣、他。江戸川乱歩の「パノラマ島奇談」「孤島の鬼」「人間椅子」等をリミックスしており、室伏は、新たな人類によるユートピア創出の野心を抱く菰田丈五郎博士(土方巽)が作ったグロテスクな奇形人間、人間ボール役で出演。天井から吊るされ、土方がそれと戯れながら踊った。撮影の際、室伏は土方巽の付き人に選ばれてロケ先の能登半島に同宿。

土方さんが花嫁衣裳を裏返しに着て、海の中に飛び込んで、走ったりするんだよ。それですぐに裾が水浸しになって、走れなくなって、倒れちゃったりしてさ。石井監督に『ゲバラ、ゲバラ、土方さんが転んだぞ!』と言われて──私は長髪に髭をたくわえてゲバラと呼ばれていたんですよ(註・後日メキシコに赴いた際、室伏は奇しくもゲバラと同じ誕生日だったことを知る。『同じ誕生日のメキシコ人に言われて驚いた。若いときに知っていればさ(笑)。でもダンスは日々が革命だと思っています』)──針金で衣裳を留めたり、朝起きると甘いコーヒーを淹れてあげたり……。

室伏・談


なお当時の土方は映画の仕事で資金稼ぎをしていたと思しく、室伏も駆り出されて荒井美三雄監督の「温泉ポン引き女中」に唐十郎、芦川羊子などとともに出演。

撮影所に行くと、稽古着の土方さんが、東映が古巣みたいな感じで待っていたんだよ。カッコよかったですよ。『おー、よく来たかー』なんて言って。京都の旅館に泊まって、土方さんがアルバイトのわれわれをみんな引き連れて、祇園の平八という飲み屋の座敷を貸し切って、ガンガン飲んで、そのうちへんなことが始まってさ。それはよく覚えている。最初に土方さんと交流をもったのはそのとき。

室伏・談

(Y.O)

Photo