log in

室伏 鴻

1947-2015

室伏 鴻
Photo: Osamu Awane

東京生まれ。ダンサー・振付家。1969年土方巽に師事。72年“大駱駝艦”の創立、旗揚げに参加。74年舞踏新聞『激しい季節』を編集刊行、同時に女性舞踏グループ“アリアドーネの会”をプロデュース。76年福井県に“北龍峡”を築き、舞踏派“背火”を主宰。78年“アリアドーネの会”と“背火”を率いてのパリ公演《最後の楽園─彼方への門》での成功を皮切りに、81年、82年と欧州ツアーを行い、ヨーロッパに舞踏を認知させる。

88年よりデュオ活動を開始、2000年からは日本での活動も再開し、ソロ作品、Edgeシリーズは、インプルスタンツ国際ダンスフェスティバル(ウィーン)、モンペリエ国際ダンスフェスティバル(フランス)など多くの国際フェスティバルに招聘された。その後、日本人若手ダンサーによるユニット“Ko&Edge Co”を結成し、数々の話題作を発表、またソロ作品《quick silver》《Ritournelle》はヨーロッパ、南米をはじめ世界各国で公演された。共同制作としてジンガロとの《Le centaure et lanimal》、最後のソロ作品《Faux Pas》、振付作品《墓場で踊られる熱狂的ダンス》も各地で大きな成功を収めた。

また、指導者として、インプルスタンツ国際ダンスフェスティバル、アンジェ国立現代舞踊センター(フランス)、ヴェネチア・ビエンナーレ(イタリア)をはじめとする世界各地で継続してワークショップなどを行ない、後進の指導においても高い評価を得た。69年に土方巽の門を叩いてのち、78年のフランス進出、そしてメキシコで倒れるまでの46年間、漂泊する孤高の舞踏家として、多くの人々に衝撃と新たなる発見を与え続けた。