log out
23 Dec.2016

追悼:中西夏之

宇野邦一、林道郎、松浦寿夫

画家の中西夏之さんが1023日逝去された。60年代の前衛運動、数々の舞踏家とのコラボレーション、つねに〈絵画とは何か〉についての徹底した豊かな思考とともにあった追求。中西さんのいない世界は荒涼として見える。林道郎さん、松浦寿夫さんとともにその果てしない追求の軌跡をふりかえる。

宇野邦一

Document

  • 追悼:中西夏之
    coming soon
  • 追悼:中西夏之
    coming soon

Infomation

日時:2016/12/23
会場:室伏鴻アーカイブカフェShy
主催:一般社団法人Ko&Edge・室伏鴻アーカイブ

Profile

宇野 邦一

1948年、松江市生まれ。フランス文学者・批評家・前立教大学映像身体学科教授。身体論、身体哲学を焦点としながら近年はイメージ論、時間論にかかわるエセーを書き続けている。著書に『アルトー 思考と身体』(白水社)、『ジャン・ジュネ身振りと内在平面』(以文社)、『映像身体論』、『吉本隆明 煉獄の作法』(みすず書房)、訳書にドゥルーズ『フーコー』『襞』(河出書房新社)、ドゥルーズ/ガタリ『アンチ・オイディプス』アルトー『神の裁きと訣別するため』(河出文庫)、ベケット『伴侶』『見ちがい言いちがい』(書肆山田)などがある。

1948年、松江市生まれ。フランス文学者・批評家・前立教大学映像身体学科教授。身体論、身体哲学を焦点…

松浦 寿夫

1954年、東京生れ。画家。共著として『モデルニテ3×3』(思潮社)、『絵画の準備を!』(朝日出版社)。また、近刊予定の著書として『ア=クロニック』(平凡社)。なお、中西夏之論としては、「正面性の勝利」(セゾン美術館中西夏之展カタログ)、「クワトロ」(『美術手帖』)がある。

1954年、東京生れ。画家。共著として『モデルニテ3×3』(思潮社)、『絵画の準備を!』(朝日出版社…

林 道郎

1959年、函館生まれ、東京都在住。上智大学教養学部教授。1999年コロンビア大学大学院美術史学科博士号取得。2003年より現職。専門は美術史および美術批評。主な著作に『絵画は二度死ぬ、あるいは死なない』(全7冊、ART TRACEより刊行中)。「零度の絵画―RRの呟き」(ロバート・ライマン―至福の絵画展、2004年)、「光跡に目を澄まして―宮本隆司論」(宮本隆司写真展、2004年)。共編書に『From Postwar to Postmodern: Art in Japan 1945-1989』(New York: The Museum of Modern Art, 2012)などがある。「アジアのキュビスム」展(東京国立近代美術館、2005年)には、キュレーターとして参加。

1959年、函館生まれ、東京都在住。上智大学教養学部教授。1999年コロンビア大学大学院美術史学科博…